高回転志向のエンジンにとって、大きな問題になるのが、感性モーメント&フリクションロス。ザウルス製クランクプーリーはソリッド構造を持ち、1万回転使用時でもウオーターポンプのオーバーレブによる泡立ち、エアコンコンプレッサーのブロー、パワステのオイル噴き等のトラブルを防ぎます。これはウオーターポンプ&エアコンプーリー比が17%、パワステプーリー比を25%ダウンさせて実現。心配されるアイドリング時のオルタネーターの発電やウオーターポンプの最低回転数もOKですし、ソリッドタイプでブレの出るダンパー構造を持たないため、1万回転の高回転領域でもメタルの耐久性が向上します(当社テスト)。きっかけは、須藤GT-Rです。ドラッグからサーキットまでこなすRB26改は、常用で9000回転仕様。プーリーの振れ、クランクとのかじりトラブルをなくすためにソリッドクランクプーリーをワンオフ製作。1年間のテストを経て、市販を決定しました。RB26改に乗るハイチューンオーナー共通の悩みを解決します!!

 
 
 
  ■プーリー自重の適正化(マルチプレートクラッチ使用時)/高回転時における慣性モーメントの適正化&各プーリーのフリクション低減及び耐久性の向上/かじり対策・サビ対策・ベルトの滑り対策済特殊処理/WPプーリー部・ACプーリー部→17%ダウン PSプーリー部→25%ダウン