エンジンが製造中止になってから23年が経つ日産の名機、FJ20DET。当時、最新で最強のガスケットはメタルのビートタイプでした。ザウルスでは、名機FJ20DETをベースに、700psオーバー&ゼロヨン9秒を可能にするガスケット製作にチャレンジ! 課題である「少ない面圧でしっかりシール!」をクリアにするため、テストにテストを重ねてついに製品化を実現しました。過酷な使用条件をクリアするために、最新のガスケットに使用されている「スーパーグロメットタイプ」を採用しています。
 センター部分のメタルガスケットには、ガスケット部分とシリンダー内壁付近にセットするグロメット部分の型を新規製作して、サンドイッチ構造で、高ブースト時の吹き抜け防止を図りました。従来のビートタイプでは、1.4〜1.5kg/cm2のブーストが限界でしたが、1.8kg/cm2以上のハイブースト時にも、シッカリとシールしてくれる強力な味方です。次第にハイレベル化しているFJ20チューンだけに、最新のKNOWHOWを投入した、強力ヘッドガスケットを検討してみてください。

 
 
  
  ■用意した厚さは1.2mm、1.4mm,1.6mmの3タイプですが、基本ラインは1.2mmです。これは、もともとFJ20DETの圧縮比設定が低いため(当時はそのように考えられていました)、もう少し圧縮比の設定を高くしてもいいと考えた結果です。ブーストを抑えて圧縮比設定を高く……これでパンチ力のあるエンジンを作り出してほしいと思います!!